年齢に関係なくバストアップはできるのか?

年齢に関係なくバストアップは可能

このエントリーをはてなブックマークに追加

美しいバストを保っている女性


年齢を重ねると、出産や筋肉の衰えなどの影響でバストサイズが小さくなったり、形が悪くなってしまうこともあります。しかし、コツコツと地道に続ければバストアップは年齢に関係なく可能です。詳しくご紹介しましょう。

年齢と共にバストは変わっていく


年齢と共にバストの大きさや形は変わっていきます。その原因は以下のようなものです。

1.妊娠・出産

妊娠するとバストに母乳が蓄えられますので、出産して授乳期が過ぎるまでの間は一時的にバストアップします。

しかしその後、母乳が蓄えられなくなるとバストの大きさは次第に縮んでいき、中には元の大きさよりも小さくなってしまう方もいらっしゃいます。また、母乳が蓄えられていたころにはバストにハリがあり、バストが縮むと肌が伸びたままですので、形が崩れてしまうこともあります。

2.筋肉・靭帯の衰え

バストをアンダー部分から支える大胸筋、バストにハリを与えるクーパー靭帯は年齢と共に劣化していきます。筋肉や靭帯に柔軟性がなくなり、バストが垂れてきてしまいます。

3.コラーゲンの不足

コラーゲンはバストだけでなく、身体を構成する細胞同士の隙間を埋める大切なタンパク質です。このコラーゲンはもともと身体の中で自然と生成されますが、20代後半から30代に差しかかるとその生成量がガクンと落ちてしまい、コラーゲンが不足するとバストにもハリがなくなり、形が崩れ、サイズも縮んでいってしまいます。

バストアップは年齢に関係なく可能


上記のような年齢に伴うバストの劣化は、バストアップ効果のあるマッサージやサプリメントなどを日頃から心がけるだけである程度改善できます。

もちろん、女性ホルモンの分泌が最も盛んな10代、20代前半の方がその効果は顕著ですが、コツコツとバストアップを続けることで年齢に伴う劣化を食い止めることができます。ポイントは、劣化が始まってから慌ててバストアップを始めるのではなく、20代後半から心がけておくことです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加