ブラジャー選びが重要な理由について

ブラジャー選びのポイントについて

このエントリーをはてなブックマークに追加

バストアップブラジャー


バストアップはマッサージや食生活をコツコツ続けることも大事ですが、普段の生活の中で外見を大きく見せるバストアップブラジャーを使うのも良いでしょう。ここではバストアップにおけるブラジャーの大切さと上手なブラジャーの選び方をご紹介しましょう。

身体に合ったブラジャーを付けることで自然に矯正できる


バストアップはサイズを大きくしたり形を整えたりするだけではありません。同時に自分の今のバストを維持することでも大切です。特に30代を過ぎた女性や、妊娠・出産後女性はどうしてもバストの形が崩れてしまいがちです。

自分のバストにぴったり合った、つけていてもストレスを感じないブラジャーをつけ続けると、それだけで自分のバストを維持することに繋がり、垂れ乳やボディラインの歪みを防ぐことができます。

理想のブラジャーの選び方


自分に合ったブラジャーを選ぶときのポイントをご紹介しましょう。

1.「大きく見せる」のではなく、「美しく見せる」

バストアップのためのブラジャーを選ぶとなると、ついつい「できるだけサイズを大きく見せよう」と意気込んでしまいますが、注意しなければならないことは、バストサイズはボディバランスとマッチしていないと不自然だということです。

ボディラインはとても細身なのに、不自然にバストが大きいと、「ブラジャーで盛ってるんだな」とすぐに分かってしまいます。それに、無理にバストを大きく見せるブラジャーは身体に負担がかかってしまい、バストアップにとって逆効果になります。ですので、バストを「大きく見せる」のではなく、「美しく見せる」ことを念頭に置いてブラジャーを選びましょう。

2.カップのアンダーからカップのトップまでが長いブラジャー

バストを美しく見せるブラジャーの特徴の一つとして、カップのアンダーからカップのトップまでの長さがある程度長い、というポイントがあります。

実際にお手元のブラジャーを比べて見ていただきたいのですが、カップのアンダーからカップのトップまでの長さが短いと、どうしても詰まっている感じがして美しくありません。具体的な長さの基準としては、全体の半分以上の長さがあれば十分でしょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加