出産とバストアップの関係について

出産とバストアップの関係

このエントリーをはてなブックマークに追加

出産後の女性のバスト


妊娠・出産の前後はバストサイズが変わるケースが多く見られます。一時的なバストアップを果たしてもその後に元のサイズよりも小さくなってしまうこともあり、ハリがなくなってしまいます。妊娠とバストアップの関係について詳しくご紹介しましょう。

妊娠中は一時的にバストアップ可能


妊娠中は自然と身体が母乳を出す準備をしますので、必ず誰もがバストアップすることになります。バストの脂肪細胞が膨れ上がり、バストアップの要の乳腺が刺激され、皮膚の厚さが増し、中には3カップも大きくなる方もいらっしゃいます。それまで貧乳に悩んでいらした方はバストアップを嬉しく思いますが、実はこれは一時的なものです。

出産後のバストサイズ、バストの形はどうなる?


妊娠中のバストアップは一時的なもので、出産後に授乳を行うにつれ、徐々にバストサイズは小さくなっていきます。母乳で満たされていたバストは空になり、それに伴ってそれまでハリのあったバストは垂れ下がってしまいます。

また、出産後は女性ホルモンの分泌が減少する傾向がありますので、バストサイズが元に戻るだけでなく、元のサイズよりも小さくなってしまうこともあります。ハリのあった肌が伸びてしまっていますので、形も悪くなってしまい、そのため、多くの女性は妊娠・出産を境にしてバストの悩みが増えると言われています。

出産後もハリのあるバストを維持するために


出産後にもバストサイズを大きく落とさず、形を整えるために大切なことは、女性ホルモンの分泌を促すサプリメントや食品を積極的に摂取することでしょう。また、同様にハリのあるバストを支える大胸筋を鍛えるプッシュアップなどのバストアップトレーニングを欠かさないことも重要です。

こうした出産後のバストアップのための努力は、実は妊娠中に行うことが最も効果的だと言われています。出産後では女性ホルモンの分泌量の減少が始まってしまっていますので、その前から準備しておくことが必要です。

ただし、妊娠中に過度の量のサプリメントを摂取することは危険ですので、使用の際には必ず担当の医師に相談しましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加