成長ホルモンとバストアップの関係について

成長ホルモンとバストアップの関係

このエントリーをはてなブックマークに追加

女性ホルモンが多い女性


バストアップのためのサプリメントや薬用成分はさまざまですが、最近特に注目を集めているのが成長ホルモンです。成長ホルモンとバストアップの関係について、詳しくご紹介しましょう。

成長ホルモンとラクトゲン受容体


成長ホルモンとはその名の通り、主に10歳から18歳前後のいわゆる『成長期』の間に体内で分泌されるホルモンの一種です。

成長ホルモンは骨や筋肉の形成にはもちろんのこと、内蔵の成熟にも深く関係しています。バストの発達と成長ホルモンの関係についてですが、骨や内蔵と異なり、バストの場合にはラクトゲン受容体について考える必要があります。

ラクトゲン受容体とはバストの乳腺の内側にある袋状の組織で、この袋を膨らませることでバストが大きくなる仕組みになっています。そして、このラクトゲン受容体を膨らませるには女性ホルモンだけでなく、成長ホルモンが必要不可欠なのです。

ただし、ラクトゲン受容体が乳腺に形成される時期は個人差があり、成長ホルモンは12歳から18歳前後の思春期に分泌されますので、この時期にラクトゲン受容体ができていない場合には袋が膨らむことはなく、結果としてバストの大きさに差ができてしまうのです。

効果的なバストアップのためには?


体内で成長ホルモンが分泌されるのは22時から2時前後で、睡眠中に最も多く分泌される傾向があります。そのため、成長ホルモンの分泌が最も盛んな10代の頃ですと、この時間帯に十分な睡眠を取ることがバストアップのためには重要になります。

また、10代の頃にラクトゲン受容体が十分に成熟せず、成長ホルモンの分泌が抑えられた20代を過ぎてからバストアップをしようとお考えの場合には、形成外科などで成長ホルモンを注入する手術もあります。

豊胸手術と比べるとさほど料金も高くなく、短時間で済む施術ですので、手軽にできるのが特徴です。ただし、ラクトゲン受容体の大きさによってバストアップ効果にばらつきがありますので、施術の前には必ず担当医としっかりカウンセリングしましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加